トラックドライバーは大変そう

truck_Driver_30私は勤める会社の受け渡し業務をしていた事があるのですが、その仕事は製品の受渡し出荷作業を管理するものなので、自ずと沢山の運送会社とトラックドライバーを知る事となりました。
お馴染みのトラックドライバーとはすっかり仲良くなり、色々と話をする機会も増えたので大変な話も聞くことも多くなりました。
来場するのは納品先手配の長距離配送する車が殆どなので、その時間に追われる感じが私にも分かり大変だと感じましたが、実際に話を聞くと結構ハードな勤務をされているんだな、と思ったのを覚えています。

あるトラックドライバーは午前中積み込みを完了し納品先に向けて出発しました。800キロ以上はある納品先までコンビニでお弁当を食べた後は真っしぐらに走るそうです。
夕方に納品するべく急いで走るそうで運送会社の信用問題に直結する事だから遅れる訳にはいかないし、次の仕事にも遅れてしまうので給与にも響いてしまうのでやっぱり遅れる訳にはいかないと言います。
無事納品先に時間内に到着し荷物を下ろします。荷物はパレットやシートパレットで下ろせれば楽ですが手下ろしだと10トン辺り最低でも1時間掛かってしまいます。体力的にも辛いですし、次の仕事への回転も悪いので機械で下ろせるのが有難いと皆さん言います。

納品が終わったら次の積込み場までまた車を走らせます。また今朝積み込んだ会社に再び向かうトラックドライバーも多いです。
夜遅くまで車を走らせ、睡眠を取る時は運転席後部で休むので疲れは蓄積されやすいですね。
エコノミークラス症候群になる方も多いそうで高速道路サービスエリアに着いて車を降りた途端倒れてしまった、というドライバーの話もききます。

運送会社の運営管理がしっかりしていないとドライバーに無理をさせる事になり、事故を起こす結果にも繋がるので気を付けて頂きたいと思います。

コメントは受け付けていません。