コーヒー豆の味をストレートに楽しめるコーヒープレス

コーヒーコーヒープレスはユーロッパではポピュラーな方法でパリのカフェにいるような気分でコーヒーを楽しむことができます。
日本ではまだそれほど知られていませんが。フランスやイタリアなどの珈琲好きの間で人気なのが圧縮式のコーヒープレスです。1930年台にイタリアで発明され、第二次世界大戦後パリのカフェなどでよく使われるようになったことからフレンチプレスの呼び名で親しまれています。プランジャーポットと呼ばれることもあります。
日本人には紅茶を入れる道具だと思われていますが、もともとはコーヒーのための器具です。コーヒーの粉が直接、熱湯に触れている時間が長いため、コーヒーに含まれる油分や風味などのそのコーヒー豆の持ち味が強く引き出され、リッチな味わいのコーヒーになると言われています。世界中で人気のシアトル系のコーヒーショップチェーンなどでも、豆の味を活かす淹れ方としてフレンチプレスを推奨しているところもあります。

コメントは受け付けていません。