ハイオク指定を無視する大罪

ハイオク驚くべきことに、ハイオク指定のクルマに乗っているのに、ハイオクは高価だからといってレギュラーを入れる人が少なくないと聞きます。これは整備どうこう以前の問題です。
みなさん一様に「レギュラーを入れてもちゃんとエンジンは回るから大丈夫」といいます。たしかにエンジンは回るでしょう。しかし、燃費は悪くなりますし、エンジン自体にもダメージを与えてしまっています。整備どころか痛めつける行為です。
なぜそうなるかというと、また詳細なエンジンの技術解説が必要になるので、できるだけ簡略化して説明するようにします。
エンジンは圧縮したガソリンに火だねを送り込むタイミングが決まっています。点火時期といいますが、ガソリン仕様のエンジンとグが違う設定になっているのです。それはそういう性質を持っているからです。
ハイオク仕様のエンジンでは、そのタイミングでイオクよりもレギュラーのほうが燃えやすいのです。
こういった理由により、ハイオク仕様のエンジンにレギュラーを入れてしまうと、効率よく燃焼しなくなり、従来持っている力を発揮できないということになるのです。場合によってはエンジンの回転もぎこちなくなります。
しかも、今のクルマはエンジンをコンピューターでコントロールしているため、コンピューターがエンジンをレギュラーガソリンの性質に合わせようとして無理矢理に働かせます。要はエンジンにさまざまな負担がかかるのです。整備以前の問題ですね。
レギュラーとハイオクの値段はずいぶん違います。それでもトータルでみるとどちらが得かは明らかでしょう。

コメントは受け付けていません。