禊と斎戒 神社の基本

神社神社の基本として、神を祀るためには、穢れを取り除き、心身ともに清浄を保たなければならない。これは神道の基本である。
神道においては、何よりもまず清浄を尊ぶ。穢れある状態で神迎えをしても、神はその不浄を嫌われて、祭りは成立しない。したがって神を祀るにあたり、心身の罪穢れを去るために、禊をなし、物忌みをするのである。
禊とは身体に付着した汚穢を洗い流して清浄にすることで、イザナギ神が、黄泉国、すなわち死の国の穢れを筑紫の日向の橘の小門(九州の鵜戸岬と推定されている)で。海に入り。穢れを落とされたことに由来する。神社によっては海辺または川辺で禊を行い、滝にうたれ、井戸水を浴びて身を清めている。
その水をかぶる要領は、まず腰から下のみに水をかけ、次に両Mにかけ、最後に頭からかぶるということになっている。
また手水といって凵と手を洗い清めなり、祓いのときに塩のはいった水(専門的には塩湯という)を注いだり、力士が土依で塩をまくのも、料理屋などで入り口に盛塩をするのもすべてこの禊に山米している。もっとも禊とは「身削ぎ」であり、「霊注ぎ」であって、心身の穢れを削り取り、かつまた神憲分降り注ぐことであるという秘説もある。

コメントは受け付けていません。