ドア錠破り

ドア錠ドア錠破りはピッキングなどの影に隠れてあまり知られていませんが、泥棒がドアから侵入してくる手口のなかでも代表的なものです。ドア錠破りとはドアの隙間などにバール等の工具を差し込み、てこの原理を利用して強引にドアの鍵を破壊する手口です。

大抵のドア錠はデッドボルトという、いわゆるカンヌキがひとつだけついています。カンヌキがふたつ以上あると強度は高いのですが、このカンヌキがひとつだけのドア錠の場合はドアに隙間があるとバールで強引にこじ開けられて侵入されてしまいます。ドア錠破りを防ぐには扉の隙間を塞ぐためにガードプレートを取り付けるのが良いでしょう。欧州などではドア錠の部分だけでなく、上から下まですべてカバーしているガードプレートが使われているようです。

玄関のドアのなかにはガラスを使用しているおしゃれなドアもありますが、ガラスの強度によっては簡単に割られ、手をいれてサムターンを回して開けることができてしまいます。この手口に対する対策は窓の防犯を参考にしてください。

コメントは受け付けていません。