サムターンを回すテクニック

サムターン一般的にピッキングによるカギを締める作業は困難と言われる。もちろん不可能ではないが、ピッキング犯が使用している手作りの道具では不可能というのが業界の常識である。これを元に当初警察ではピッキング被害である証明としてカギを掛けて出たのにカギが開けられている窃盗事件を条件としていた。

おそらく最初のころはカギのかけ忘れとして片付けられていたのではないだろうか。最近では警察もピッキングを意識するようになったため、このような認識が出来上がったと思われる。そんななか、ピッキング窃盗団のテクニックのひとつに鍵かけというものが登場し始めている。使用される道具はビニール紐、いわゆる荷造り用の紐である。この紐をサムターンに引っ掛け、ドアを締めた後にサムターンを回し、その後にビニール紐を引き抜けば証拠が残らないというわけだ。

コメントは受け付けていません。