日本板硝子

板ガラス日本板硝子は日本の3大ガラスメーカーのひとつです。20世紀初頭から100年近く続く古い企業で、建築用の窓ガラスだけではなく、自動車用の窓ガラスやディスプレイのガラスなども含めて世界中にあらゆるガラス製品を供給しています。

建築用のガラスは不動産需要の減少にも関わらず、市場は毎年着実に成長しています。これは従来の板ガラスの窓から、新しい高機能な窓ガラスへとシフトしているからです。特に省エネ基準に対応したLow-Eペアガラスの成長は大きく、また日本板硝子ではさらに真空ガラスの製造も行っています。

自動車用ガラスを世界レベルで提供している企業は3社しかありません。日本板硝子はその中のひとつです。建築用も自動車用も、いずれも近年のデザインはより広い面積でガラスを使用するようになっており、それぞれがさらに高機能化、複雑化しています。それらの付加価値製品がガラス産業を成長させ続けています。

コメントは受け付けていません。