エコで回る社会は循環社会

エコエコと聞くとリサイクルを思い浮かべる人も少なくはないと思います。ペットボトルのリサイクルや電化製品の中に眠る資源回収など、これまで廃棄するしかないと思っていたものが、リサイクルを意識し始めた頃からゴミではなくなりました。エコが生み出した産業は幾つかの産業を生み出しました、その一つがリサイクル産業であり、二つの言葉は密接に関係していると言えます。リサイクル業者には廃品回収業者、そこから回収された廃棄物を分解し選別し資源へと再構成する工場と・・・循環社会は現在では既に一つの経済構成の一つに入る要素になっています。

エコによる人の意識も変わり始めています。それを心がけた生活はお金もかからず、環境にも良いといのは人の深層心理に安心感をもたらすようです。その言葉の中に地球と共に生きるという意味合いがあることから、リサイクルに携わるということは地球の役に立っているという意識と自分たちが住んでいる場所を守っているという自信が少なからず、その安心感を生み出しているのかもしれません。実際に、循環型社会を取り込むことで自治体の活動力があがっているところもあります。

コメントは受け付けていません。