自動車整備士の仕事内容

整備士自動車の整備を専門に行う人が自動車整備士です。自動車産業の盛んな日本には、多くの人がこの職業で働いています。そんな人たちの仕事内容は、主に3種類に分類されます。一つ目は、自動車の点検整備です。入庫した自動車の定期点検・整備をして、自動車が安全に走行できるようメンテナンスすることです。二つ目は故障や不具合が起こって入庫してきた車の故障の原因調査と、その対処を行う事です。非常に迅速な対応と、正確な分析能力が必要となる仕事です。

自動車整備士の3個目の仕事が、分解整備です。大切に乗っていれば、自動車は非常に長く乗れるものです。そういった長距離を走った車や、長い年月走り続けている車が、今後も走り続けられるように、消耗部品などを分解して交換するのも重要な仕事の一つです。特に、エンジンや駆動系などでは、非常に高い専門性が要求される事も多く、豊富な知識の他にも経験なども重要な要素となります。また、最近では高度なシステムを搭載した車も多く、新しい知識を貪欲に身につける志も必要となっています。

コメントは受け付けていません。