太陽光発電の導入では地域と立地環境がポイント

SONY DSC太陽光発電には太陽の光が欠かせません。その為、地域の天候傾向はとても重要な要素になると思います。晴天が多い地域なら効率よく発電することが出来ますが、悪天候が多い地域だとやっぱり発電効率は下がってしまいます。つまり、地域によっては太陽光発電システムの導入にメリットが感じられない可能性もあるというわけです。
もちろん、重要なのは地域的な天候だけではありません。自宅周辺の立地環境もとても大きなポイントになると言って良いでしょう。たとえば、晴天の多い地域の中にも、住宅が密集していたり高層ビルが建ち並ぶ地域があると思います。こうした立地環境にある住宅では、どうしても日照量が少なくなります。すると太陽光が不足して、十分な発電ができなくなってしまうのです。

インターネット等で調べると、全国の日照量によるランキングが見つけられます。上位にランクインしている都道府県なら、地域的な天候条件はとても優れていると考えて良いと思います。とはいえ、上位にランクインしている都道府県なら一律で好条件が得られるというわけではないので、実際に太陽光発電システムを導入したい家屋がある地域と、その周辺の立地環境をきちんと見定めておくことをお勧めします。

コメントは受け付けていません。