気軽なバルで楽しいひと時

bar30最近BSで放送されている、海外旅行気分を味わえる紀行番組にはまっております。特にヨーロッパは私自身行ったことがないのでよく見るのですが、その中で「バル」という種類のお店が頻繁に登場します。つづりが「Bar」なので、お酒を飲むところなのかなと最初は思いましたが、ちょっとニュアンスが違うようですね。お酒も用意されているけれど、基本は軽食と喫茶のお店ということです。でもこれがまた、料理はおいしそうだし、おしゃれでかつ、歴史の重みなんかも感じてなんとも魅力があるんです。一度行ってみたいと友人に漏らしたところ、日本でもそういった店があるとことなので、連れていってもらうことにしました。最近、レトロでオシャレな町として有名な、大阪は中崎町にあるピッツァとワインをメインとしたお店です。お店の蒲で焼いたピッツァが人気とのことで注文してみました。

シンプルですがもっちりと食べごたえがあり、しかもマルゲリータは500円です。お手軽に食べられるという点が、本場バルのイメージにもぴったりです。日本はピザ(特にデリバリー)が本場に比べてお高いですからね。今回はもう一つ別のピザとサラダ、サングリアを注文しました。サングリアは、ワインに切った生の果物を漬けた、フルーティなお酒です。こちらも紀行番組で見たことがあって気になっていたので、出会えてうれしかったです。甘くて飲みやすく、ワインが苦手な方にもぴったりです。ビタミンもたくさん摂れて、美容にもいいかも!?予算も、居酒屋チェーンに行くのと同じくらいで済み、わいわいと楽しく、おしゃれで美味しい至福のひと時を過ごすことができました。

コメントは受け付けていません。