我が家の串カツ事情について

kushikatsu30串カツの本場といえば大阪だと言われており、実際に有名なのですが、先日放送されていた某テレビ番組を見ていると、大阪人は実はあまり食べていないと言っていました。そこで自分の記憶を呼び覚まして見ると、確かにそれほど食べていた記憶はないなと思い出しました。
そもそも自宅で作ろうと思うと、使用する食材がたくさん必要だということもあってか、手間も費用もかなり掛かる料理です。ですので色々な串が入っているバラエティーセットのようなものを購入する必要があるのですが、それだと基本的な串しか入っていないので、食べた後に不満が残ります。
そういうこともあってか、どちらかと言うと我が家では、家族が揃った時のパーティー料理的なものになっていて、1年に数回くらいしか食べていないです。ただその時は1から作るなど凝りますが。
そう考えると串カツを食べる時には、家で食べる割合よりもむしろ外食の割合の方が必然的に多くなります

。私の家の近所には、高くても1串100円くらいという激安のお店があるので、そこでだいたい10串前後を食べ、ビールを飲むというのが定番になっています。ただいくら安いお店とはいっても、外食なので行く回数は限られてしまいます。
そう考えると、大阪人は実はあまり食べていないというのは、本当のことなのかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。