異物混入よりもその後の対応が大切

fuctory11私は主婦なので、ほぼ毎日いろんな食品を購入します。ですので食品の異物混入に関するニュースは、決して他人事ではありません。
ただ異物混入といってもその異物の種類によっては、多少は仕方がないことなのかなという思いもあります。例えば虫やその他生物が混入しているのはもっての外ですが、生物以外のプラスチック片や梱包用の材料の破片などがごくたまに混入してしまうのは仕方ないことだと思うし、全ての混入をゼロにするのは無理だろうとも感じます。製造過程によってはどうしても混入してしまうことでしょう。

またこうしたこと自体は仕方がないと言えますが、その後のいい加減な企業やメーカーの対応には恐ろしさを感じます。明らかに嫌悪感を感じる異物が混入していても、それを公表せず隠してしまう企業のニュースを一時よく耳にしました。こうした体質や考えを持つ企業はたくさんあるだろうし、たまたま異物混入が明らかになったから世間にニュース等で公表されただけで、もしかするとまだまだ他にも明らかになっていないものはあるんじゃないかと疑ってしまいます。
なので私としては異物混入のないよう企業努力をすることはもちろんですが、それよりも企業の姿勢を正し、私たち消費者が信用できるよう努力してほしいものだと思います。

コメントは受け付けていません。