樽酒の選び方

tarusake30樽酒と言うとお祝い事の席でよく見受けられる大きな樽に入れられたお酒のことだと言う認識があると思います。しかしもし自分が樽酒の準備をお願いされた時どのようなものを準備すればいいのかわからないと言うのが実情だと思います。そこで樽酒の選び方や購入方法について説明したいと思います。

まず一つの枡にどのくらいの量のお酒が入るかと言うことですが、大体100mlから120ml程度入れるのが一般的と言われています。セレモニーの規模に合わせてお酒の量を選ぶことが重要になってきます。少人数の集まりなのに大きな樽酒を購入してしまいお酒がかなり余ってしまったと言う具合にならないために前もって人数分よりも若干多いくらいのお酒の量を準備しておくことが大切です。50名ほどの集まりですと最低6Lくらいのお酒の量が必要になります。そうすると大体樽の大きさは30cm四方ほどのもので十分です。それが100名の集まりになると倍の12Lのお酒が必要になります。お酒をお代わりされる方もなかにはいらっしゃると思うのでそこに
お酒の容量の半分くらいの量を追加しておくとお酒が足りなくなると言うことはないと思います。誰がどのくらい飲んでも足りないと言うことがないように準備をすることが何よりも大切なことです。

コメントは受け付けていません。