駅で転んで怪我をし、労災保険を申請

rousai30一度かけ労災保険のお世話になったことがあります。通勤途中で、乗り換えの際に焦って駅の階段を踏み外し、しりもちをついてしまったのです。当然電車は乗り損ない、その日は遅刻ぎりぎりで出勤。転んだとはいえ、目立つ怪我はなく、その日は何事もなく終わりました。ところが、次の日になると歩くだけでも腰が痛いのです。

じんじんと響くような痛み。心配になって近所の病院でレントゲンを撮ってもらったところ、転んだ拍子に腰のあたりの筋肉が伸びてしまっている、といったような説明を受け、しばらく電気療法などのリハビリに通うことになったのです。
総務に聞いてみると、通勤途中の怪我なら労災保険が適用されるとのこと。手続きのための書類等いろいろ記入が必要で面倒だし、リハビリの費用は通常の健康保険が適用されるし、申請をやめようかとも思いましたが。総務の事務の方に促され申請しました。が、その後、総務部長が怪我をした時の状況などしつこく聞いてきて、時間に余裕を持って出勤すればこんなことにはならないと説教もされ、正直うんざりしました。
無事労災保険はおり、ありがたいと思う反面、できるだけお世話にはならないよう気を付けようとも思い、悔しいけれど少し早めに家を出るようになりました。

コメントは受け付けていません。