チタンコーティングの特徴

titan30窒化チタンコーティングは機械などの表面をチタンによって強化するために行われるコーティングです。金色になるために、アクセサリーなどにも使われることがあります。ドリルの刃などが金色になっているものは窒化チタンコーティングです。これによって熱に強くなり、表面がすり減らなくなります。非常に密着性が強く、コーティングが剥がれにくいため長期間使用出来るのが特徴です。

身近なものではライターのジッポなどにも使われており、傷をつきにくくする役目を追っています。他にも包丁やフライパンなどの台所用品にも使われており、長期間切れ味が落ちない包丁、傷がつかず焦げ付かないフライパンとして販売されています。ミシン針にもチタンコーティングが使われており、ミシンのトラブルを減らす針として売れているそうです。

また、酸化チタンコーティングには光触媒としても知られ、光が当たることによって表面の汚れの分解を促す効果があります。このため、防菌、防カビなどの効果をうたった製品がいろいろと販売されています。さらに新築住宅の時点でこの酸化チタンコーティングを壁や水回りなどに施しておくことで、防菌、防汚効果が期待できるため、これらのサービスも人気です。

コメントは受け付けていません。