複合施設の建築工事が終わり覗いた印象は

kouji30近隣の駅中心街に位置していた有名デパートが閉店、程無く解体されたのはつい数年前の事。それまで親しみを持って買い物に通っていた事もあり、少々寂しさを感じたものですが、これも時代の流れ、致し方の無い事だったのでしょう。

ただその後の更地の時期は殆ど無く、すぐに新たな建物の建築工事がスタートしました。既に土地の買い手や用途も決まっていた様で、その後1年の間に地上数階部分のディテールが明らかになってきました。
どうやら地上3階までを商業施設、更に上階にタワーマンションを配置するという複合施設の模様で、少なくとも商業施設部分は全面ガラス張りのかなり目立つデザイン。テナントにどの様な店舗やサービスが入るのかは分かりませんが、少なくとも生鮮品を扱う様な雰囲気は一切感じられません。
建物全体の建築工事が完成し、一般向けに商業施設部分がオープンしたのはその約2年後の事。実際中に入ってみると、まだ所々に空きテナントがあるものの、全体的な店舗やサービスの入りは約7割といったところ。
ただ3階が丸ごとメディカルエリアとなり、眼科や耳鼻科、歯科等のクリニックが集中している他、2階にも格安衣料品店等が入っており、今後利用してみたいと思わせるものでした。
雰囲気や店舗の内容がすっかり変わり、利用し辛くなってしまうのではないか?という心配が杞憂に終わり、安心感に包まれたのです。

コメントは受け付けていません。