データ入力を初めてした体験談

今、障がい者が通うパソコン作業系の就労継続支援B型事業所に在籍しておりますが、二年経ち、体調もいいので、一般就労(障がい者枠)かA型事業所か就労移行支援を検討しております。区役所の方から、いろいろな事業所を見たほうが良いと言われ、A型2ヶ所、移行5ヶ所見てきました。

その内のA型一箇所で、データ入力の体験をして来ました。朝10時から15時までで、船舶のPDFデータを見やすいように、Excelに写しかえるという作業です。その船舶の元データは、まるで競馬新聞を見ているようで非常に見にくいです。なかなか作業が進まないデータ入力でした。あっというまに終わりの15時になりました。時間を忘れるくらい集中出来たのはよかったと思いますが、目もよくない、タイピングは下手なので、作業完了後の職員さんに私には向いてない。力が発揮できていないと言いました。いろいろ悩んでいる中で、別のA型の体験をすることにしました。

歯科医療の問診票のデータ化や、データ入力、聞きながらの文字起こし(リライト)、イラストレーターを使っての作業、動画編集などをしている事業所です。今、本命に思っているのはそこで、10月から面談・体験を5日間してきます。上手く採用になれば、時給も上がるので楽しみにしております。

コメントは受け付けていません。