霊園による管理が主体となる樹木葬

現在では、樹木葬が複数の霊園や墓地で行われるものとなり始めています。この埋葬の在り方は、指定の霊園などが管理を行うケースが多いとされているため、お墓の管理や代を継ぐことなどを進める必要もないことが多いのではないでしょうか。

このような点は、樹木の埋葬方法の特筆するべきポイントとして挙げられることも多数見受けられており、話題の埋葬のプロセスの一種として掲げられています。この埋葬の方法を導入する霊園が全国的に増えているとみられ、故人や遺族の要望に沿ってこの方法を選択できる可能性も高まっているのではないかと思います。
霊園や墓地などが、樹木葬で埋葬された遺骨の管理を行うため、永代供養の形式に似通っているとも認識されています。お墓の管理を行わずに済むという点は、メリットとして認識される機会も以前に比べて多くなりつつあることから、この点が樹木葬では利点として考えられています。こうした点が評価される形式で、樹木葬を検討する人や遺族が増加する可能性も想定されています。また、霊園や墓地などが、率先してこの葬儀の在り方を取り入れる事例も出てくると考えられており、樹木葬が浸透する契機になるのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。