現代社会にも応用できるエコな江戸の自然派健康生活

エコロジ-エコな江戸時代の暮らしですが、住む場所や生きる時代にかかわらず人間にとって大切ま¥なものは健康です。江戸の人々が現代に比べて生活環境や物資に恵まれていないのにそれをものともせずにいきいきと暮らしていたといえるのは元気であるという前提があるからです。
当時は伝染病の治療技術が発達していなかったこともあり、天然痘やはしかなどの流行病が社会問題となっていました。病人には漢方や鍼灸で治療を施したが、及ばずに命を落とす例も少なからずありました。たとえ一命を取り留めても病が長引けば医者代もかかり、乏しい家計が更に逼迫してしまいます。このように行基にかかってからの特効薬的な対策に欠けていたために人々は病気にならないためにはどうすればよいかということを日頃から考えていました。見病で気づき、早めに病退治をするという東洋医学的な考え方が主流でした。これに関しては医療費削減が求められる現代社会にも応用できる手法です。
無理をせずに体と相談しながら生きるのが江戸のエコな健康生活の基本です。

コメントは受け付けていません。