建設業許可申請とその種類について

建設業許可は事業の種類にあった適切なものを取得する必要があります。どのような工事なのかに合わせて正しい建設業許可申請を行うことが大切です。

建設業の種類は全部で29種類あり、土木工事、建築工事、大工工事、左官工事、とび土工工事、石工事、屋根工事、電気工事、管工事、タイルレンガブロック工事、鋼構造物工事、舗装工事、鉄筋工事、しゅんせつ工事、板金工事、塗装工事、ガラス工事、防水工事、内装仕上工事、機械器具設置工事、熱絶縁工事、電気通信工事、造園工事、さく井工事、建具工事、水道施設工事、消防施設工事、清掃施設工事、解体工事です。

これらの29種類に対して、それぞれ建設業は許可申請が必要となっています。全国に事業所がある企業の場合は国土交通省の許可が、ひとつの都道府県内にのみ事業所がある場合は都道府県知事の許可を受けなければなりません。

あらかじめ定められた基準以下の工事については軽微な工事として建設業許可は必要ありませんが、許可を申請してから降りるまでに1ヶ月以上かかるため、いざ必要になってから慌てて取るのでは間に合わない可能性があります。あらかじめ可能性があるものについては許可を受けておくほうが安心です。

コメントは受け付けていません。