猫の狩猟本能

猫猫が獲物を持ってくることを飼い主へのおみやげだとか飼い主に見せに来ると考える人が多いようですが、私は違うと思います。これらの行動はの狩猟本能からくるものだと私は考えます。
猫は獲物を捕まえて食べていた動物です。狩猟は食べること、つまり生きることに直結した本能ですので、それ故非常に強い衝動です。人間の食べ物をもらう生活になってもこの衝動はなかなか消えません。猫が猫じゃらしに盛んにじゃれつくのも狩猟本能の現れなのです。獲物を見つけたら捕まえずにはいられないというのは猫の本能なわけですが、家の子の場合捕まえてしまったあとに食べたいという衝動が起こりません。
十分な食事を飼い主からもらい、栄養的に満ち足りた状態にあるからです。授乳期にに食べ物として教わっていないせいもあると思われます。捕まえた獲物をクチに加えて走りだすところまでは狩猟本能のプロセスです。野生の猫はどこか安全なところまで行って食べ始めます。ところがイエネコは早く食べたいという欲求がないので困惑してしまうのでしょう。

コメントは受け付けていません。