職場のエアコンは何が違うのかについて

基本的に家庭用と業務用は同じですが、冷暖房の能力に違いがあり、3馬力までの家庭用エアコンと違って業務用は1.5~10馬力まで対応できます。より大きい電力で空調整えられて、故障原因になるようなエアコンへ過剰負荷抑えられます。業務用なら1つの室外機を複数室内機につなげられることも家庭用にないメリットで、広いオフィスでエアコン数台導入するときスペース無駄に作らないで効率的に空調環境整えられます。

エアコン選ぶ時とてもきになることは月々発生する電気代ですが、省エネ機種選び、かかるコストちょっとでも抑えたいと思う事業主が多いです。単に機種選ぶ以外に設置する店舗あったエアコンであるのが大事で、電気代も左右する電源を一度チェックして下さい。業務用、家庭用のエアコンは電源種類異なって、一般的に家庭で使う電化製品は電圧低い単相電源を使っていて、大きい産業用機械は三相電源から電機効率よく送ります。そして、限られた範囲内ひやすの適してる家庭用エアコンはたたみ数おうじ機種選びます。反対に業務用で重視するのは広さより何する部屋に設置するのかということです。同じ広さでも利用客、スタッフの出入り多く、ドア開け閉め頻繁なら、当然馬力があるエアコンがいいです。熱もつが多い美容室、多くのパソコン設置してるオフィスもがりき高さカギとなります

コメントは受け付けていません。