飲食業界版レンタル移籍サポート

今回の新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出や飲み会自粛、インバウンド消費減少の影響を受け、2020年3月時点で6割以上のもの飲食企業が“このままだと事業継続が困難なレベル”(ショーケース調べ)であるという回答結果が出ており、すでに一部の企業では事業縮小や撤退を余儀なくされています。また、事態が収束した後も以前のような水準に復興するまで約1~2年はかかると予想されており、現状のままでは飲食企業は従業員の雇用を維持できず、やむを得ず解雇をしなければならない企業が多数出てくると考えられます。

http://londel.jp

当社はそのような問題に策を講じるべく、サッカー選手のレンタル移籍のごとく、一緒に働き続けたい社員がもう一度自社に復帰できるように1年〜2年の期間を設け、他業界の企業で働く機会を提供する仕組みでサポートします。受け入れ先企業は、緊急事態宣言後に特に人手が必要となる企業の他、農業法人、水産加工業など飲食人材のスキルアップを図れる企業を想定しています。

また、レンタル移籍した従業員は当初の契約期間後に元の企業に戻ってくることが可能となります。その間に飲食企業は積極的な再構築策を実行することで事業の立て直しができ、また復旧までの期間短縮が望めると思われます。これにより、飲食業界の雇用問題の解決と迅速な復旧、人手の足りない他業界の雇用機会の創出が可能となり、また、新たな経験を積む社員自身の成長にも繋がると考えています。

コメントは受け付けていません。