自動車のガラス修理の方法は、傷の大きさで決まる。

車のガラスが傷つく原因としては、飛び石が最も多いです。また、冬場に凍ったガラスを温めるために、熱湯をかけることでヒビが入ってしまうこともあります。
フロントガラスは最も傷のつきやすい部分で、放っておくとビビが大きくなってしまいます。そうなる前に、ガラス修理しなければいけませんが、傷のおおきさで修理方法が変わってきます。
ひとつの目安として、直径1.5センチより小さい傷なら補修が可能です。それより大きい傷は、フロントガラスを交換しなければいけません。
専門店では特殊な器具を使って、すき間を埋める補修を行ってくれます。プロが行うので仕上がりがきれいで、費用は2万円ほどです。市販のキットを利用すれば、自分で修理することもできます。費用は3千円ほどで済みますが、完璧な修理は難しいです。

フロントガラスの全交換の費用は、車種やグレードによっても異なりますが5万円?10万円ほどです。自分で交換することも不可能ではありませんが、かなり困難な作業になるので、専門店に依頼した方が良いです。
ガラス修理の必要性は、車検にも関わってきます。傷が視野を妨げると判断されると、車検には通りません。スムーズに車検をパスするためにも、適切なガラス修理が必要です。

コメントは受け付けていません。