あるべき木くずの処分のあり方について

そもそも木くずは、自然に帰ると言う意味でさほど処分には困らないと持っています。よく鉄くずは処分に対して費用がかかったり、海外での再生産に当たっても運搬費用が結局はかかるので処理業者はコストが合わないと聞くことが一般的です。しかしながら木くずの処分についてはあまりメディアやインターネットでも取り上げられることがないので情報が少ないと思います。

個人的には鉄くずに比べても木くずは燃したり、場合によっては自然に返して、植物や動物のために肥やしとなるのであれば同じような使い方ができるのではないかと思います。またうまく活用すればおがくずとして、スモークの材料に使ったり、滑り止めとしてスポーツにも使えるのではないかと勝手に考えてしまいます。
単純に自然に返すと言うあるべき姿だけではなく再利用も考えやすい素材であると考えれば単純にゴミと同じクズと考えるのは、間違いではないかと思います。むしろもともと仕入れも高くないであろう木くずをビジネスとして考え、いくつかの分野で環境に優しい事業を生み出すことの方が良いのではないでしょうか。
もちろん事業の特性上、共感を得ることも可能性が高く、成功の可能性も必然的に上がってくると思います。

コメントは受け付けていません。